沖縄のダイビングの素晴らしい世界を紹介します!

ダイビングで沖縄の海にハマりました

小生が始めてダイビングを経験したのは実はハワイ旅行の時で、ハワイ本島と言われるオアフ島のハナウマ湾というところでした。 勿論、泳ぎには自信があって子供の頃から近くの海で素潜りなどはして海の様子はある程度知ってはいましたが、此方のハナウマ湾で用具を(シュノーケル)付けて、海中や岩場の様子を観察した時は、海の中というのこんなに素晴らしく美しいところで有るということを実感したのでした。 其れはその通りで、此のハナウマ湾というのはハワイはおろか、全米でも有名な美しいビーチとしても知られ、人気のベストワンに選ばれたこともあるそうです。

此方はビーチが美しいばかりでなく、チョット沖へ出ると珊瑚の岩礁地帯になっていて、色とりどりの大小の魚が泳いでいる風景が見通せるのです。 小生自身は簡単なアクアメガネやシュノーケルを借りて魚群の鑑賞を楽しみましたが、他にもダイビングする人達も多数いて、本当に長閑で風光明媚なところでした。 ハナウマ湾というところはオアフ島でも有名なワイキキビーチの近くでも有り、其処から見えるダイヤモンドヘッドからちょうど裏側の海岸のビーチになります。

それ以来、日本国内でハワイに匹敵するところは亜熱帯気候の沖縄で有り、此の沖縄の地で沖縄ダイビングを求めて季節的に楽しんでいるのです。

さて、此のダイビングについてですが、愈々ダイビングの季節がやってきます。 真夏の海水浴シーズンになると時折見受けられるのが、海岸や沖合の岩場近くにおいてに海面近くで顔や脚に用具を付けて海の中の様子を覗ったり眺めたり、そして観察していたりしていますが此れをシュノーケリングダイビングと言っています。 この方法はダイビングの入門編とでも言えるでしょう。 一方、チョット専門的になるとボンベ(空気ボンベ)を背負い、脚にはフィンを付けてわりと深く長い時間かけて潜水している状態をスキューバダイビングと言っています。

此のように、ダイビングで美しい海の中を観察しようとする時、素潜りでも出来ますが、やはり美しい海を身体と一体となって長い時間に渡り潜るにはそれなりの用具が必要になってきます。 今までテレビや動画などでしか見たことのない全く未知なる海の青い空間は驚きに満ちていて楽しく、深い感動があります。 美しい海のダイビングは、其れを好む人達のみが感動を味わえる別世界へ導いてくれて、夢のような世界へ誘ってくれるのです。

其の国内のダイビングエリアとしては、勿論、澄んだ海の奇麗な所ならどこでも出来ますが、、国内屈指と言われるところはやはり南国の島・沖縄の海でしょう。 沖縄でも諸島がいくらでも有りますが、本島一つをとってもダイビングスポットとしては沢山あります。 那覇より最も近いところでは嘉手納飛行場が隣接する北谷(チャタン)エリアで、海底洞窟の様な不思議な光景や地形が不思議なポイントでダイバーを楽しませてくれます。 更に北の地域では最も有名なのが恩納エリアで、此方はダイビングだけでなくリゾート地としても有名ですね。

最新記事